続 医者も知らないホルモン・バランス

いや~、続医者も知らないホルモン・バランス買いましたよ~。
そして興味のある所もざざっと見てみました。

前回の医者も知らないホルモンバランスでも、衝撃的だったけどこの本も凄く分かりやすく書いてありました。
こっちの方が一般向けだと思います。

この本読んでもう一度思った事は、早くプロゲステロンクリームを使わないとなぁ~と。

今一般的に言われている事の真逆の説なんですけど、でも、副作用が無いのだからやってみる価値はあると思います。
日本の先生たちでも知らない事だし、慎重になるのは判るけど、今までの通説ってのが間違っていたとしたら、怖いよね。

とにかく産婦人科で治療している方は、読まれる事をお勧めします。
副作用の酷い今の治療と(その割りに成果が見られないらしい)副作用の無いプロゲステロンクリームを使う方法とさて、あなたはどちらを選びますか?

この本を翻訳している今村さんの後書きにも書いてあるけど、日本でも成果を挙げていると言う事。
処方箋もいらない、ボディクリームを塗るように、簡単にプロゲステロンを増やせる。

何度も書きますが、今まで言われている事が間違っていたとしたら、あなたはどうしますか?
スポンサーサイト

テーマ : 女性特有の悩み
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメント

こんばんはー^^

あ♪こちらも読まれたんですね♪
こちらの方が前の物の訂正箇所があるので、こちらは読んだ方がいいですよね。うんうん。
ただ、どうして塗る場所があのように限定されてるのか・・・よくわからないです。
同じ脂肪がある部分でもお尻よりも胸の方がいいとか。。。
吸収率が違うのでしょうかね?
通院しているクリニックのドクターに聞いてもわからないようです^^;
一応こちらに書いてあるように塗ってますが。。。^^

腫瘍に関して問題なければ、本当に早く塗れるようになるといいですね♪

No title

もう、読んだの??早いねぇ。さすが、jajaさんですねぇ。
こっちの方が読みやすいのだったら、こっちから読もうかしら??でも最初から読んだ方が良いのかな??

しっぽなさんへ

読みました~。
でも、全部じゃないですけどね。
訂正がされてましたね。
Dr.リー以外にもこのクリームを使っている病院や機関が出てきているんでしょうか?
前回のより分かりやすく、症例も書いてあったりしてとっても良かったです。
塗る場所は、肌が赤くなる所となってましたね。
って、考えても何処が赤くなる所なんだろうとちょっと謎なので、書いてある通りに使ってみようかと思います。
腫瘍、小さくなっていたら良いのですけど、取り合えず明日病院へ行って来ますね。
たぶん質問しても分からないと言われそうです。

ゴマひろさんへ

いやいや~、まだ読んでませんよ。
気になる項目だけ読みました。
続医者も知らないホルモンバランスを先に読むほうが良いかも知れません。
とっても分かりやすく書いてありますし、サプリメントとか詳しく書いてありました。
ゴマひろさんは、太っているって言われてたでしょ。
それでエストロゲンが不足している訳が無いと思います。
その理由は、本の中に詳しく書いてあります。
もしかしてプロゲステロンクリームを使う事でうつ症状が軽くなるかも。
そんな期待も出てくるような本なんですよ。
ぜひぜひ読んでみて、そしてクリーム使ってみてくださいね。

胸とおしりの違い

胸とおしりでは、おそらく、皮膚の厚みが違うのだと思います。
私は自分でお灸をするのですが、胸の谷間のツボにお灸したら
簡単に水ぶくれになり、皮がむけてしまいました。
熱くなりすぎないように、温度調整パッドを使って気をつけていたのですが、1枚では不足で、それ以降は2枚あわせて使うようにしたら
水ぶくれになることはなくなりました。
一方おしりでは未だに水ぶくれになったことはありません。
皮膚が薄いところの方がより薬が吸収されやすそうですし
おしりより胸がいい、のではないかな?と思いました。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
Secret

アクセスカウンター

プロフィール

miyabi112

  • Author:miyabi112
  • miyabiです。2008.3.14、色んな検査の結果卵巣癌の疑いがあると医師から告知されました。その後、違う病院で見てもらったら腫瘍は小さくなっていたため、今は病院へは行っていません。そして2010.12.20から禁煙をしているのですが、10kgも太ってしまいました。それまでやっていた減量するべき体重と合計でー18kgのダイエット中です。方法は糖質制限。身体に糖質を入れないと言う方法です。糖質制限の生活やダイエットの過程などを書いていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク