どうして西洋医学が嫌いになったか、その理由。

ちょっと大げさなタイトルですが。(笑)

私って、小さな時から主治医がいました。(当たり前か)
1歳にもならない内に体中、おできが出来て大変だったそうです。(おできって、分かるかなぁ?吹き出物の大きいの。膿を持って痛い)
何があっても、その先生の所へ行ってた。
先生の所に行く事と、ドクダミの葉を炙って、おできの上に置くと言う民間療法を父にして貰った記憶があります。(小さな時から、代替療法もしてた(笑))
おできを取る為に、ドクダミ茶も小さいときから飲んでた。

30歳くらいまでは、西洋医学の病院にも行ってたし、先生の処方されたお薬もちゃんと飲んでた。
副作用があるなんて、その頃は知らなかったし。
病院へ行って、お薬を飲んで調子が悪くなっても、それが副作用だったなんて、その時は、思いもしなかった。

母は、私が中高位の時に、胃がんに罹って病院に入院。
先生の腕が良かったのか、今でも元気に生きてる。25年持てば、再発しなければ大丈夫と言われてた。
でも、その後、術後何年後か忘れたけど、酷い貧血に倒れて緊急入院。
先生には、よく生きていましたねと言われるくらい、血液の量が減ってた。

胃が無いからだと思うんだけど、西洋医学で母は助かったんです。

そうここまで読むと、西洋医学崇拝しても良いよね。(笑)

で、その頃に、サプリメントと漢方に出会ってる。
でも、あんまり効果を感じる事無くいたんだよね。
やっぱりお薬じゃ無いから仕方が無いなぁと思ってた。

父の喘息が酷くなって、夜も眠れない状態になってました。
病院へ行って点滴をして貰って、半日元気で働くって状態で、夜になると発作が出る。
それが凄く辛い。見ているだけでも辛かった。
そんな生活を何十年も繰り返して、ある時、知人の社長からお食事会に誘われて、父と母、私の3人は社長と共にある人と会った。
健康食品メーカーの社長だった。
その健康食品は、今では皆が知っているあのサプリメント、アガリクスでした。
うちには、ガンに掛かっている人はいないし、用が無いなぁと思ってたけど、メーカーの社長は、ガンにも良い効果が出るのだから、喘息だったら簡単ですと言う。(完全に薬事法に引っかかるなぁ~(笑))
うんじゃぁ~、纏めて買っとくかぁ~。
と言う事で、50万円分を購入。
いや~、アガリクスのエキスって高いよねぇ~。(笑)
商品到着後、3日目くらいから効果が出てきた。
1週間後には、発作も出ず、階段を駆け上がれるほどになっていました。
ほぉ~、凄いものがあるなぁ~と、正直驚いた。
それからその会社が主催する健康に関しての勉強会へ行って、色々お勉強した。
その時に、西洋医学の治療に副作用がある事を知った。
それも酷いものだった。
とにかく疑問に思う事を医師に伝える事、ましてやガンなんて病気だと、副作用の方が強いのだから。
抗がん剤を使うと言われたら、先生のご家族がガンになったら、この薬使いますかって、聞いてみなと言われた。
何でそんな事、使うに決まってんじゃん。それしか無いんでしょと思っていたけど、実際は使わないと言う言葉が返って来るらしい。
実際、アガリクス使用者に医師の奥さん方が多いってのが事実だったりする。
医師から相談されたと言う人が沢山。

そしてその後、違うサプリメントメーカーでの勉強会に出席した。
その時に、以前にも書いた西洋医学には限界があると言った先生に出会った。
と、同時にお薬を作っていた、科学者にも出会った。
このお薬を作っていた先生、何故作るのを止めたかって理由がある。
お薬は、副作用ばっかりで体調を崩すばっかりで、良くはならないって。
こんな害になるものを作っている自分ってどうなのか?って、長年苦しんだそうです。
そして今はサプリメントを作っている。
サプリメントでは、お薬よりも体調を整える事が出来る、それに人の為になるって事で。
そしてサプリメントを作り出して、最初に大ヒットしたものが。
それは名前は書けないけど、大蒜のあるでしょ、有名な。
あれを作り出したんです。

でも、これだけで西洋医学が嫌いになる理由は無い。

この後、代替医療をやっている医師達が言っている事が分かる色んな事が起こったの。

とってもショッキングな出来事でした。
叔父がC型肝炎で、あと余命3ヶ月を言い渡された。
あの当時、治療方法が無かった。今も無いに等しいけど、インターフェロンがあえば劇的に良くなるけど、合わないと副作用で苦しんだ挙句、死に到る。
入院をしてたの。
で、病室はC型肝炎の患者さんばかり6人。
お薬を飲むと症状が悪化する。
足が痺れたり、手が痺れたり、痛かったり。
治したいから一生懸命、副作用に耐えながらお薬を飲んだ。
でも、毎日不快な症状に悩まされたそうです。
飲むのが辛い、でも、治したい。
そんな気持ちで入院生活を送っていた。
で、ある時、身体がしんどいしって事で、お薬を飲まずに隠してた。
そうしたら身体が凄く楽になった。
それを巡回してくる医師や看護婦に言うと、そんな事はありません、気のせいですよ。お薬はちゃんと飲んで下さい。そうしないと治りませんよと。(その当時、治す方法なんて無かったのに)
それを同室の患者さんに言って、飲まない人が出てきた。
それでも医師を信じている患者さんが半数いたの。
飲み続けて亡くなって行った。
それを間近で見ていた叔父は、制止を振り切って強制退院して来た。

長くなった。

ちっとお休み。
続きあります。
明日にでも。



スポンサーサイト

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

アクセスカウンター

プロフィール

miyabi112

  • Author:miyabi112
  • miyabiです。2008.3.14、色んな検査の結果卵巣癌の疑いがあると医師から告知されました。その後、違う病院で見てもらったら腫瘍は小さくなっていたため、今は病院へは行っていません。そして2010.12.20から禁煙をしているのですが、10kgも太ってしまいました。それまでやっていた減量するべき体重と合計でー18kgのダイエット中です。方法は糖質制限。身体に糖質を入れないと言う方法です。糖質制限の生活やダイエットの過程などを書いていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク